ヒラメ:栄養成分を紹介!豊富なビタミンAで免疫力向上




ヒラメ

ヒラメは白身魚で、淡白で上品な味の高級魚。

ヒラメ科とダルマガレイ科に属している魚のことを言います。

 

良く似た魚で、カレイがいますが

眼のある方が体の左側にある魚がヒラメ

右側にあるのがカレイになります。

 

アミノ酸のバランスが良い、良質のタンパク質を多く含んでいます。

天然ものよりも、養殖ものの方がタンパク質、脂質も多めです。

 

ビタミンDビタミンEなどのビタミン類も養殖ものの方が多く

白身魚の高級魚であるフグよりも、ビタミンD、ビタミンEの含有量は多いです。

 

高タンパクで消化に良いヒラメは

胃腸が弱っている時、夏バテ、ダイエット中などの

栄養補給に良いです。

 

タウリンで動脈硬化予防

ヒラメには、タウリンを多く含んでおり100g中、170mgは

魚類の中でもトップクラスの含有量です。

 

タウリンはコレステロールを減らし

血圧を正常に保つ作用があるため

動脈硬化、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病を予防する効果が絶大です。

また、疲労回復効果、肩こりや目の充血、頭痛などの改善効果もあります。

 

 

ヒラメの主な栄養素

40g中の栄養成分

タンパク質 8.6g
カルシウム 12mg
ビタミンD 0.76μg