ねぎ:栄養成分を紹介!葉ねぎはビタミン豊富、根深ねぎは体を温める




ねぎ

ねぎは、中国西部が原産と言われていて、日本では「日本書紀」にも出てくるほど

昔から栽培されているユリ科の植物です。

 

根深ねぎは、日光に当たらないように栽培したねぎで、白い部分が多く淡色野菜に分類されます。

葉ねぎは、日光に当てて栽培されたため、緑の部分が多く緑黄色野菜に分類されます。

通常、薬味として使われる万能ねぎなども緑黄色野菜です。

 

栄養は葉ねぎが優秀

含まれる栄養としては、緑黄色野菜の葉ねぎの方が優秀であり

ビタミンCβカロテンカルシウムが多く含まれています。

 

ビタミンCは、根深ねぎの約3倍

βカロテンは根深ねぎが、100gあたり83μgのところ、葉ねぎは1500μgもあります。

豊富なβカロテンによって、皮膚や粘膜を丈夫にするため、風邪の予防に効果的

 

ビタミンCにも免疫力を高める効果があり、長ねぎが持っている殺菌作用も含めて

感染症予防に効果大です。

 

根深ねぎに多い香り成分

栄養としては葉ねぎの方が優秀ですが、香り成分は根深ねぎの方が多く含まれています。

ねぎの香り成分は硫化アリルで、この硫化アリルには血行を良くし、体を温める効果があります。

 

神経痛や関節痛などの痛みを和らげ、発汗を促すことで風邪の初期症状を緩和します。

ビタミンB1との相性が良く、ビタミンB1の吸収を助けてその作用を強めます。

 

さらに香り成分には鎮静作用があり、イライラや興奮を鎮める、アレルギーを抑える

血栓を予防するなどの効果もあります。

 

また、セレンというミネラルも多く含んでおり

鉛やヒ素、水銀などの有毒物質の働きを抑え、ガンや生活習慣病予防の効果もあります。

 

 

根深ねぎの主な栄養素

1本中の栄養成分

ビタミンC 26mg
食物繊維 1.8g
カルシウム 26mg