パパイア:栄養成分を紹介!カロテンとカルパインでガン予防




パパイア

パパイアはメキシコが原産と言われているパパイア科の果物。

ウリのような果実が緑色から熟するにつれて黄色くなって、

オレンジ色に染まってきたら食べごろです。

 

パパイアの特徴はビタミンCカロテンが豊富なこと。

 

ビタミンとカルパインでガン予防

パパイアは、ビタミンAの元になるカロテンとビタミンCが豊富で

ビタミンB1ビタミンB2ビタミンEも含んでおり

ガン予防の効果が高い栄養素が豊富です。

 

また、抗ガン活性効果があるカルパインという物質も含まれており

相乗効果でガン予防に有効です。

 

パパインで消化を助ける

パパイアの特徴として、タンパク質分解酵素のパパインを含んでいます。

このパパインは、動物性、植物性を問わずにタンパク質を分解してくれる効果があります。

 

肉料理のデザートにパパイアを使うと肉の消化吸収がよくなって

胃腸の負担が軽くなります

また、肉をパパイアの果汁に漬けておくと、肉が柔らかくなる効果も。

 

パパイアの主な栄養素

100g中の栄養成分

ビタミンC 60.9mg
βカロテン 274µg
葉酸 37µg