パセリ:栄養成分を紹介!緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養価!




パセリ

パセリは、南ヨーロッパ原産のセリ科の野菜。

洋食の付け合わせなどに良く使われるが、栄養価は緑黄色野菜の中でもトップクラス

付け合わせなので、残す人も多いが、もっと積極的に食べていきたい野菜です。

 

ビタミン、ミネラルの含有量はトップクラス

パセリはビタミンCが豊富。レモンの約2.5倍のビタミンCが含まれています。

βカロテンもニンジンに匹敵する程含まれています。

その他、ビタミンE(100g中3.3mg)、ビタミンK(100g中850μg)も野菜の中ではトップクラス。

ビタミンB1,B2も多く含まれています。

 

ビタミンだけでなく、ミネラルも豊富。

カリウムカルシウムマグネシウム亜鉛なども多く

鉄は100g中7.5mg、亜鉛は100g中1mgも含まれています。

 

緑の葉には葉緑素も多く含まれています。

葉緑素は、コレステロールの吸収を抑制したり、コレステロールの酸化を防いだりする働きがあり

生活習慣病の予防に効果があります。

 

パセリの香り 食中毒防止、疲労回復に有効

パセリの独特な香りは、ピネンアピオールという精油成分によるもので

疲労回復、食欲増進、食中毒防止などの効果があります。

発汗、保温作用もあり、冷え性や風邪にも効果があります。

 

パセリはそのままではなかなか量が食べられないでですが

ミキサーにかけてスープにする、油で揚げて天ぷらにするなど工夫して

なるべく食べるようにすると良いです。

 

パセリの主な栄養素

1本中の栄養成分

β-カロテン 666μg
ビタミンC 11mg
カルシウム 26mg